検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

地質環境の長期安定性に関する研究,年度報告書(平成19年度)

Annual report for research on long-term stability of geological environments in FY2007

草野 友宏; 野原 壯; 梅田 浩司; 石丸 恒存; 花室 孝広; 齋藤 龍郎; 安江 健一; 丹羽 正和  ; 島田 耕史; 山田 国見; 二ノ宮 淳; 根木 健之; 田力 正好*; 黒澤 英樹; 中司 昇

Kusano, Tomohiro; Nohara, Tsuyoshi; Umeda, Koji; Ishimaru, Tsuneari; Hanamuro, Takahiro; Saito, Tatsuo; Yasue, Kenichi; Niwa, Masakazu; Shimada, Koji; Yamada, Kunimi; Ninomiya, Atsushi; Negi, Tateyuki; Tajikara, Masayoshi*; Kurosawa, Hideki; Nakatsuka, Noboru

我が国は変動帯に位置しており、安定大陸に位置する欧米諸国に比べて、地震や火山活動等が活発である。地層処分においては、まず安定な地質環境を選んだうえで、そこに適切な多重バリアシステムを構築することが、安全確保の基本的な考え方である。このため、地質環境の長期安定性に関する研究においては、地層処分の場としての地質環境に重要な変化をもたらす可能性のある地震・断層活動,火山活動,隆起・侵食,気候・海水準変動等の天然現象に着目して、それらの有無や程度が文献から明らかでない場合に適用する調査技術や、それらが地質環境に及ぼす影響を評価するための調査技術・解析手法にかかわる研究開発を進めている。平成19年度においては、我が国の地質環境において地層処分システムの成立性に重大な影響を及ぼす現象の存在や、過去の変動の履歴を確認するための調査技術として、以下の項目について調査・研究を行った。地震・断層活動については、破砕帯の分布,活動履歴,活動性の調査技術の整備を行った。火山活動については、熱履歴や地下深部のマグマ・高温流体などを調査する技術の開発を行った。隆起・侵食/気候・海水準変動については、河成段丘を用いた隆起速度を調査する技術,地形変化をモデル化する技術,地殻変動や気候変動を考慮した地下水流動解析手法などの開発を行った。

The Japanese islands are located in the tectonically active Circum-Pacific Mobile Belt. As a result, Japan has a high frequency of earthquakes and eruptions. Special consideration is given to the long-term stability of the geological environment, taking into account volcanism, faulting, uplift, denudation, climatic change and sea-level change in Japan. Development of research/prediction technologies for geotectonic events has been carried out to evaluate the long-term stability of the geological environment in Japan. In fiscal year 2007, we carried out the following researches, to confirm existence of the phenomena that have influences on geological disposal system (e.g., active faulting, volcanism), and to develop the investigation techniques to reconstruct the history of these phenomena. For studies of faulting and seismic activity, we developed the investigation techniques to research distribution of crush zone, process of faulting, activity, and so on. For volcanological and geothermal studies, we developed a technique for detecting crustal magma and/or geothermal fluid in deep underground. For studies of uplift/denudation and climatic/sea-level changes, we extracted investigation techniques for landform developments and uplift rate with river terraces.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.