検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Analysis of cell-survival fractions for heavy-ion irradiations based on microdosimetric kinetic model implemented in the particle and heavy ion transport code system

PHITSに組み込んだMKモデルに基づく重イオン照射細胞生存率データの解析

佐藤 達彦; 渡辺 立子; 加瀬 優紀*; 鶴岡 千鶴*; 鈴木 雅雄*; 古澤 佳也*; 仁井田 浩二*

Sato, Tatsuhiko; Watanabe, Ritsuko; Kase, Yuki*; Tsuruoka, Chizuru*; Suzuki, Masao*; Furusawa, Yoshiya*; Niita, Koji*

粒子線治療計画の立案や宇宙放射線に対する防護の目的から、従来、さまざまな種類の重イオン照射に対する細胞生存率が測定されてきた。それらは、一般に、LETの関数として表現されるが、細胞生存率のLET依存性は、照射する重イオンの種類により異なることが知られていた。そこで、粒子線輸送計算コードPHITSに組み込んだマイクロドジメトリック運動学モデル(MKモデル)を用いて、これまで測定されてきた重イオン照射細胞生存率データを再解析した。その結果、MKモデルを用いれば、ただ1つのパラメータy*によりすべての重イオン照射に対する細胞生存率が再現できることがわかった。これにより、y*を指標とすれば、LETを指標として開発された従来の粒子線治療計画システムや宇宙放射線に対する防護体系を、より洗練されたものに改良できる可能性が示された。

We reanalyzed the survival fraction data, using the microdosimetric-kinetic (MK) model implemented in the PHITS code. It is found from the analysis that the MK model successfully accounts for the cell survival-fractions under a variety of irradiation conditions, using only y* parameter.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:11.15

分野:Environmental Sciences

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.