検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Measurement of atmospheric neutron and photon energy spectra at aviation altitudes using a phoswich-type neutron detector

ホスウィッチ型中性子検出器を用いた航空機高度における宇宙線中性子及び光子スペクトルの測定

高田 真志*; 矢島 千秋*; 保田 浩志*; 佐藤 達彦; 中村 尚司*

Takada, Masashi*; Yajima, Kazuaki*; Yasuda, Hiroshi*; Sato, Tatsuhiko; Nakamura, Takashi*

放射線医学総合研究所が開発したホスウィッチ型検出器を用いて、日本上空高度10.8kmにおける宇宙線中性子及び光子スペクトルを測定した。測定した中性子及び光子のエネルギー範囲は、それぞれ、7$$sim$$180MeV及び3.5$$sim$$42MeVである。得られた測定値を、ボナーボール中性子検出器による測定値や、LUIN2000, EXPACS及びRMCコードによる計算値と比較した。その結果、本研究による測定値は、過去における測定値と比較して、絶対値は一致するがスペクトルの形状が違うことがわかった。

Neutron energy spectrum from 7 to 180 MeV and photon energy spectrum from 3.5 to 42 MeV were measured on board an aircraft using a newly-developed phoswich-type neutron detector at 10.8 km altitude over Japan. The measured neutron energy spectrum using the phoswich neutron detector was compared with other on-board measurements using a multi-sphere moderator neutron detector, so called Bonner ball and the measurement on the ground using an organic liquid scintillator, and with the calculations using the LUIN2000, EXPACS and RMC codes.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.