検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

代理反応に関する理論的検討,2; 統一模型による代理反応の記述

Theoretical research on surrogate reaction, 2; Application of unified model to surrogate reaction

有友 嘉浩; 千葉 敏; 橋本 慎太郎 ; 宇都野 穣  ; 小浦 寛之  

Aritomo, Yoshihiro; Chiba, Satoshi; Hashimoto, Shintaro; Utsuno, Yutaka; Koura, Hiroyuki

代理反応を用いて中性子入射反応を議論する際、生成複合核の角運動量分布、及び複合核からの分裂片の質量分布,角運動量分布,角度分布等の物理量の情報は非常に重要である。これらの物理量を精度よく扱える計算手法を確立しモデルを構築することが本研究の目的である。代理反応における核子移行過程,複合核の生成崩壊過程等、全過程を連続的に取り扱うため、動力学的計算を導入した「統一模型」の適応を検討し計算を行った。具体的には核子移行反応を考慮したランジュバン方程式を用いて、原子核の形状の変形空間内を移動する軌道計算を行った。ポテンシャルはtwo-center shell modelを用いて計算した。さらにこのような多次元変形空間内を移動する軌道の解析を行うことで、反応のメカニズムをも議論する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.