検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

「ふげん」原子炉内部の線量測定・評価

Measurement and evaluation of radiation dose inside the nuclear reactor core in the Fugen

岩井 紘基; 中村 保之; 石塚 信男; 石倉 康治; 佐野 一哉

Iwai, Hiroki; Nakamura, Yasuyuki; Ishizuka, Nobuo; Ishikura, Yasuji; Sano, Kazuya

「ふげん」の原子炉領域の解体にあたっては、切断時の解体撤去物や放射性粉じん等の粒子状放射性物質による被ばく低減,材質にジルコニウム合金を使用していることから発火防止対策,水遮へいによる炉上部の線量低減等を考慮し、原子炉上部に設置した遠隔解体装置により水中で解体を行えるよう、炉心とその上部をプール構造とする計画である。この解体用プールの設計においては、炉上部における炉心部からの放射線を適切に低減すべく、原子炉内部構造材の放射化量を精度よく見積もり、各構造材からの放射線の寄与を考慮してプールの水深を設定する必要がある。原子炉内部構造材の放射化量は、これまで計算コードにより予測されていることから、予測精度の評価及び計算精度向上に資するため、原子炉内部の線量を実測した。測定の結果、炉心径方向に関しては外周部において、また鉛直方向に関しては炉心下部において線量率が高くなる結果が得られた。これらの結果は、計算コードによって評価した放射化量から予測した線量率分布と傾向が一致しており、従来の評価手法が炉内構造物の放射化量を約1.2$$sim$$2.3のC/E(計算値と実測値の比)で安全側に予測できていることを確認した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.