検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

偏極$$^{3}$$He中性子スピンフィルターのガラスセルの開発

Development of glass cells for polarized $$^{3}$$He neutron spin filters

坂口 佳史; 吉良 弘; 奥 隆之; 鈴木 淳市; 中村 充孝; 新井 正敏; 遠藤 康夫; 加倉井 和久; 武田 全康; 脇本 秀一; 山崎 大; 小泉 智; 有本 靖*; 猪野 隆*; 清水 裕彦*; 神山 崇; 大山 研司*; 平賀 晴弘*; 堤 健之*; 山田 和芳*

Sakaguchi, Yoshifumi; Kira, Hiroshi; Oku, Takayuki; Suzuki, Junichi; Nakamura, Mitsutaka; Arai, Masatoshi; Endo, Yasuo; Kakurai, Kazuhisa; Takeda, Masayasu; Wakimoto, Shuichi; Yamazaki, Dai; Koizumi, Satoshi; Arimoto, Yasushi*; Ino, Takashi*; Shimizu, Hirohiko*; Kamiyama, Takashi; Oyama, Kenji*; Hiraka, Haruhiro*; Tsutsumi, Kenji*; Yamada, Kazuyoshi*

偏極$$^{3}$$He中性子スピンフィルターは、100meV以上の高エネルギーにまで渡る白色中性子を偏極させることができること,大立体角をカバーできることから、偏極素子として偏極中性子散乱実験で用いられることが期待されている。ILLやNIST等では既に実用化されている段階にあるが、より高い$$^{3}$$He偏極率とより長い緩和時間を得、散乱実験の現場での要求に答えるためには、未だ多くの開発的要素を抱えている。ガラスセルの開発もその一つである。本講演では、(1)セルの大型化,(2)レーザー光の効率的なセル内への導入,(3)フィルターの性能とガラス物性の関係、といった観点からガラスセル開発について最近われわれが行ってきた取り組みを詳しく報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.