検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

A Study of released radionuclide in the coastal area from a discharge pipe of nuclear fuel reprocessing plant in Rokkasho, Aomori, Japan

青森県六ヶ所村の使用済燃料再処理施設の海洋放出管から沿岸海域に放出される放射性物質に関する研究

小林 卓也 ; 印 貞治*; 石川 洋一*; 川村 英之 ; 中山 智治*; 島 茂樹*; 淡路 敏之*; 外川 織彦 

Kobayashi, Takuya; In, Teiji*; Ishikawa, Yoichi*; Kawamura, Hideyuki; Nakayama, Tomoharu*; Shima, Shigeki*; Awaji, Toshiyuki*; Togawa, Orihiko

青森県六ヶ所村に立地する使用済燃料再処理施設は、近い将来に稼動する。再処理施設の通常運転時には、放射性廃液が海洋放出口から計画的に沿岸域に放出される。放出された放射性核種は、海洋中を物理・化学・生物過程を経て移行する。そのため再処理施設から沿岸海洋へ通常放出される放射性核種の移行挙動を理解することは、環境安全の観点からも重要である。そこで、海洋大循環モデルと海洋中放射性物質移行モデルから構成される六ヶ所海域における放射性核種の移行挙動を予測する計算システムを開発した。海洋大循環モデルは、4次元データ同化手法と3段のネスティング手法を用いるために高速の計算機環境が必要である。海洋中放射性物質移行モデルには、溶存態と懸濁態との吸脱着過程を取り扱う吸脱着モデルと、鉛直重力噴流モデルをコード化した。適用計算として2007年の海況場を再現し、仮想的な放射性物質の拡散実験を実施した。

When the reprocessing plant is in routine operation, radionuclides are released to the coastal ocean as scheduled. Released radionuclides migrate in the ocean by physical, chemical and biological processes. Thus, for environmental safety, it is important to understand the migration behavior due to routine releases of radionuclides to the coastal ocean from the reprocessing plant. A numerical simulation model system that consists of an ocean general circulation model and a particle random-walk model to describe the radionuclide migration behavior in Rokkasho coastal region has been developed. The particle random-walk model, SEA-GEARN, calculates the radionuclides migration in the ocean. The system has been applied to simulate the nowcast of Rokkasho coastal region in 2007 and hypothetical radionuclide release has been carried out.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.