検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Proton-production double-differential cross sections for 300-MeV and 392-MeV proton-induced reactions

300MeV及び392MeV陽子入射反応における陽子生成二重微分断面積

岩元 大樹  ; 今村 稔*; 古場 裕介*; 福井 義則*; 若林 源一郎*; 魚住 祐介*; 金 政浩; 岩元 洋介  ; 芳原 新也*; 中野 正博*

Iwamoto, Hiroki; Imamura, Minoru*; Koba, Yusuke*; Fukui, Yoshinori*; Wakabayashi, Genichiro*; Uozumi, Yusuke*; Kin, Tadahiro; Iwamoto, Yosuke; Hohara, Shinya*; Nakano, Masahiro*

300MeV及び392MeV陽子入射反応におけるO, V, Tb, Ta, Au, Pb及びBiに対する陽子生成二重微分断面積を測定した。放出陽子のエネルギーを$$Delta$$$$E$$-$$E$$測定法によって積層型シンチレーション検出器を用いて測定した。測定結果を核内カスケードモデル及び量子分子動力学モデルと比較し、両モデルとも二重微分断面積スペクトルをよく再現するが、最前方及び後方で相違が生じることを示した。この相違は核ポテンシャルによる屈折によって説明できることを明らかにした。この知見に基づき、Kalbachの系統式と核内カスケードモデルの1ステップ計算を組合せることによって、角度分布を再現することに成功した。さらに、実験に基づく考察から、核内カスケードモデルの1ステップ計算における準弾性散乱の寄与は、標的核が軽くなるほど、また放出エネルギーが増加するほど大きくなることを示した。

We investigate proton-production double-differential cross sections (DDXs) for 300- and 392-MeV proton-induced reactions on O, V, Tb, Ta, Au, Pb, and Bi. Emitted proton energies are measured with stacked scintillator spectrometers by the $$Delta$$$$E$$-$$E$$ technique. Experimental results are compared with the intranuclear cascade (INC) and quantum molecular dynamics models. Although both models can reproduce spectral DDXs, there is a difference at the most forward and backward angles. The cause of these differences is discussed in terms of the refraction caused by the nuclear potential. Angular distributions of the present data are well accounted for by the Kalbach systematics plus INC one-step calculations. The quasi-free-scattering contribution increases with decreasing target mass and increasing emission energy.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:59.47

分野:Physics, Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.