検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Reverse Monte Carlo simulation approach on the amorphous structure of C$$_{59}$$N

C$$_{59}$$Nのアモルファス構造への逆モンテカルロシミュレーションアプローチ

Ferdows, M.; 鈴谷 賢太郎; 川北 至信; 小原 真司*; 樹神 克明; 山本 和典; 社本 真一; 平田 孝道*; 表 研次*; 笠間 泰彦*; 金子 俊郎*; 畠山 力三*

Ferdows, M.; Suzuya, Kentaro; Kawakita, Yukinobu; Kohara, Shinji*; Kodama, Katsuaki; Yamamoto, Kazunori; Shamoto, Shinichi; Hirata, Takamichi*; Omote, Kenji*; Kasama, Yasuhiko*; Kaneko, Toshiro*; Hatakeyama, Rikizo*

ヘテロフラーレンC$$_{59}$$Nのアモルファス構造を研究するために、パルス中性子粉末回折データを用いて、逆モンテカルロシミュレーション解析を行った。散乱関数S(Q)は、構造が不定形であることを示している。一方、原子2体分布関数(PDF)は、局所構造が、C$$_{60}$$の構造と類似していることを示している。得られた構造は、初期モデルに強く依存する。逆モンテカルロシミュレーション法の問題について議論する。

We performed Reverse Monte Carlo analysis (RMCA) to study amorphous structure of a heterofullerene, C$$_{59}$$N by using pulsed neutron powder diffraction data. The scattering function S(Q) shows that the structure is amorphous, while the atomic pair distribution function (PDF) shows that the local structure is similar to that of C$$_{60}$$. Obtained structures strongly depend on the initial models. Problems for this RMCA method are discussed.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.