検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

J-PARCリニアック高周波源の現状; 震災復旧とエネルギー増強

Present status of RF source in J-PARC linac; Recovery from earthquake disaster and energy upgrade

川村 真人*; 千代 悦司; 篠崎 信一; Fang, Z.*; 福井 佑治*; 内藤 富士雄*; 山崎 正義*; 坪田 直明; 二ツ川 健太; 佐藤 文明; 小栗 英知

Kawamura, Masato*; Chishiro, Etsuji; Shinozaki, Shinichi; Fang, Z.*; Fukui, Yuji*; Naito, Fujio*; Yamazaki, Masayoshi*; Tsubota, Naoaki; Futatsukawa, Kenta; Sato, Fumiaki; Oguri, Hidetomo

J-PARCリニアック高周波源について、震災復旧の現状と、400MeVへのエネルギー増強に向けた取り組みを報告する。2011年3月11日の東日本大震災発生当時、J-PARCリニアック(現在の出力エネルギー181MeV)は1月5日からの2か月を超える連続運転の最中にあったが、震災によりリニアック建屋の壁・天井・ゆか・ドア,冷却水設備などに大きな被害を受け、運転の中断を余儀なくされた。またリニアック棟1階のすべてのクレーンが運転不能となった。このような状況下でリニアックRFグループは3月末より作業を開始し、可能な限りの早い復旧を目指している。また400MeVへのエネルギー増強について、機器の製造業者とスケジュールや納品方法などを話し合いながら取り組んでいる。

We will report about status of linac 400 MeV upgrade program and northeast Japan earthquake restoration. On March 11, the linac suffered serious damage as consequence of the earthquake, and was shuttled down for long term. Linac RF group restores the facilities and is accomplishing 400 MeV upgrade at the same time.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.