検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

ATR FT-IR及びEXAFS分光法によるMO$$_{4}$$$$^{-}$$- MIDOA錯体(M=Tc, Re)の構造研究

Structural study on MO$$_{4}$$$$^{-}$$- MIDOA complex by ATR FT-IR and EXAFS spectroscopies

佐伯 盛久; 佐々木 祐二 ; Banerjee, D.*; Scheinost, A.*; Foerstendorf, H.*

Saeki, Morihisa; Sasaki, Yuji; Banerjee, D.*; Scheinost, A.*; Foerstendorf, H.*

近年、2,2'-(methylimino)bis(N,N-dioctyl-acetamide)(MIDOA)と呼ばれる有機抽出剤が開発され、この抽出剤により酸化物負イオンMO$$_{4}$$$$^{-}$$を効率的に水相から有機相へ抽出できることが明らかにされた。本研究ではその抽出メカニズムを解明するため、ATR FT-IR及びEXAFS分光法によりMO$$_{4}$$$$^{-}$$-MIDOA錯体のスペクトルを測定し、理論計算との比較により錯体構造を調べた。その結果、MIDOAは有機相中においてプロトン付加体H$$^{+}$$MIDOAになり、MO$$_{4}$$$$^{-}$$はMIDOAと多点O...H-C水相結合により相互作用してMO$$_{4}$$$$^{-}$$...H$$^{+}$$MIDOAという錯体を形成することにより、大きく安定化していることが明らかになった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.