検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

飽和に近い条件におけるガラス固化体の溶解速度の律速プロセス

A Rate limiting step of HLW glass corrosion under near saturated condition

前田 敏克; 馬場 恒孝*; 大森 弘幸; 山口 徹治

Maeda, Toshikatsu; Bamba, Tsunetaka*; Omori, Hiroyuki; Yamaguchi, Tetsuji

地層処分の安全評価において、ガラス固化体の長期的な溶解速度を設定する際に必要となる科学的裏付けを得ることを目的として、処分環境で想定される飽和に近い溶液条件下でのガラス固化体の溶解速度(残存溶解速度)を律速するプロセスを明らかにするための実験的検討を行った。その結果、溶解に伴いガラス固化体表面に形成された変質層と未変質ガラスの境界付近の微小領域における可溶性元素の拡散が、実質的にガラス固化体の残存溶解速度を律速していることがわかった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.