検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Quasiparticle interference on the surface of Bi$$_{2}$$Se$$_{3}$$ induced by cobalt adatom in the absence of ferromagnetic ordering

強磁性秩序のないコバルト原子によるBi$$_{2}$$Se$$_{3}$$表面の準粒子干渉

Ye. M.*; Eremeev, S. V.*; 黒田 健太*; Krasovskii, E. E.*; Chulkov, E. V.*; 竹田 幸治  ; 斎藤 祐児 ; 岡本 和晃*; Zhu, S. Y.*; 宮本 幸治*; 有田 将司*; 仲武 昌史*; 奥田 太一*; 植田 義文*; 島田 賢也*; 生天目 博文*; 谷口 雅樹*; 木村 昭夫*

Ye. M.*; Eremeev, S. V.*; Kuroda, Kenta*; Krasovskii, E. E.*; Chulkov, E. V.*; Takeda, Yukiharu; Saito, Yuji; Okamoto, Kazuaki*; Zhu, S. Y.*; Miyamoto, Koji*; Arita, Masashi*; Nakatake, Masashi*; Okuda, Taiichi*; Ueda, Yoshifumi*; Shimada, Kenya*; Namatame, Hirofumi*; Taniguchi, Masaki*; Kimura, Akio*

トポロジカル絶縁体Bi$$_2$$Se$$_3$$の表面にコバルトを蒸着した系に対して、コバルトの物性に注目して、トンネル分光,角度分解光電子分光,磁気円二色性及び理論計算を組合せて得られた研究成果である。原子力機構としての貢献は、磁気円二色性を用いてコバルトの磁性を調べた部分である。トポロジカル絶縁体表面では磁性元素が強磁性を示すという理論的予想があるが、今回の実験では、Bi$$_2$$Se$$_3$$とコバルトとの組合せでは強磁性を示さないという実験的証拠を示すことができた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:90.06

分野:Materials Science, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.