検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

J-PARCリニアックビームトランスポートにおけるダクトアライメントとビームロス

Beam loss reduction by the beam duct realignment in the J-PARC linac beam transport line

田村 潤; 青 寛幸; 浅野 博之; 池上 雅紀*; 丸田 朋史; 三浦 昭彦; 森下 卓俊; 小栗 英知; 大内 伸夫; 澤邊 祐希*; 鈴木 隆洋; 山崎 正義*

Tamura, Jun; Ao, Hiroyuki; Asano, Hiroyuki; Ikegami, Masanori*; Maruta, Tomofumi; Miura, Akihiko; Morishita, Takatoshi; Oguri, Hidetomo; Ouchi, Nobuo; Sawabe, Yuki*; Suzuki, Takahiro; Yamazaki, Masayoshi*

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震によって、J-PARCリニアックでは加速器トンネルに深刻な変形が生じたため、ほぼ全数の加速空洞及び電磁石の精密アライメントが行われた。ドリフトチューブリニアック下流のビームトランスポート(MEBT2及びA0BT)については、精密アライメント後の電磁石に合わせてビームダクトを粗くアライメントした。ビーム運転再開後、MEBT2及びA0BTにおいて、震災前には見られなかったビームロスと残留放射線が確認された。ダクト位置を測量した結果、ロス発生箇所で10mmを超えるビーム軸中心からのずれがあることがわかった。ずれの大きい箇所を再アライメントすることによって、ビームロス及び残留線量が低下した。ここでは、ダクトのアライメント法による誤差及びミスアライメントによるビームロスについて報告する。

In the J-PARC linac, almost all the cavities and magnets have been precisely aligned because the accelerator tunnel has been deformed by the 2011 Tohoku Earthquake. In the beam transport line called MEBT2 and A0BT at the downstream of the drift tube linac, the beam duct has been roughly aligned after the precise alignment of the quadruple doublets. During the first beam operation after the earthquake, remarkable beam loss and residual radiation have been recognized at the MEBT2 and A0BT. As the result of the duct position measurement, the misalignement including over 10 mm shift from the beam axis was found. By conducting the beam duct realignment, the beam loss and the residual radiation were successfully decreased. In this paper, the procedure of the beam duct alignment and the beam loss due to the misalignment are described.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.