検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Development of $$^{rm 99m}$$Tc production from (n, $$gamma$$) $$^{99}$$Mo

(n,$$gamma$$)法により製造された$$^{99}$$Moからの$$^{rm 99m}$$Tc製品の開発

棚瀬 正和*; 椎名 孝行*; 木村 明博; 西方 香緒里; 藤崎 三郎*; 太田 朗生*; 小林 正明*; 山本 朝樹*; 河内 幸正*; 土谷 邦彦; 竹内 宣博*; 河村 弘

Tanase, Masakazu*; Shiina, Takayuki*; Kimura, Akihiro; Nishikata, Kaori; Fujisaki, Saburo*; Ota, Akio*; Kobayashi, Masaaki*; Yamamoto, Asaki*; Kawauchi, Yukimasa*; Tsuchiya, Kunihiko; Takeuchi, Nobuhiro*; Kawamura, Hiroshi

医療用診断薬として使用される$$^{rm 99m}$$Tcは、$$^{99}$$Moから製造される。JMTR再稼働後の産業利用拡大の一環として、(n,$$gamma$$) $$^{99}$$Moからの$$^{rm 99m}$$Tcの抽出法に関する技術開発を行っている。本研究では、開発した$$^{rm 99m}$$Tcの抽出法の実規模への適用性を評価するためのコールド試験を行った。本試験では、Tcの同族であるReを用いて、メチルエチルケトン(MEK)を用いたMo溶液からのミルキング回数によるRe回収への影響を調査した。各ミルキングで得られた溶液中のRe回収率及び不純物量(Mo, MEK)をICP及びHPLCで測定した。その結果、各溶液中のRe回収率はすべて95%以上で、不純物量もそれぞれ基準値以下であることを確認した。本成果により、$$^{rm 99m}$$Tcの抽出法が実規模に適用可能である見通しが得られた。

$$^{rm 99m}$$Tc is used as a radiopharmaceutical and manufactured from the parent nuclide of $$^{99}$$Mo. Extraction method of $$^{rm 99m}$$Tc from (n, $$gamma$$) $$^{99}$$Mo have been developed, as a part of the industrial use expansion after JMTR will re-start. In this research, the method proposed would be applicable to a practical production of $$^{rm 99m}$$Tc obtained from (n, $$gamma$$) $$^{99}$$Mo in large quantities. The method proposed would be applicable to a practical production of $$^{rm 99m}$$Tc obtained from (n, $$gamma$$) $$^{99}$$Mo in large quantities.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.