検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

高放射性廃液から発生する水素の測定及び解析,2; 水素濃度の測定値と解析値の比較

Measurement and analysis of radiolytically generated hydrogen from HALW, 2; Comparison of measured hydrogen concentration and its estimation

衣旗 広志*; 小玉 貴司*; 中野 正直*; 玉内 義一*; 松岡 伸吾*; 富山 祐弘; 安田 猛; 蔦木 浩一; 吉野 保之; 白土 陽治; 中村 芳信

Kinuhata, Hiroshi*; Kodama, Takashi*; Nakano, Masanao*; Tamauchi, Yoshikazu*; Matsuoka, Shingo*; Tomiyama, Masahiro; Yasuda, Takeshi; Tsutagi, Koichi; Yoshino, Yasuyuki; Shirato, Yoji; Nakamura, Yoshinobu

模擬高放射性廃液で確認したパラジウムによる水素消費反応が高放射性廃液にも起きていることを確認するために、前報で報告した高放射性廃液貯槽のオフガス中の水素濃度と模擬廃液実験の結果から計算される水素濃度の比較評価を行った。水素濃度の計算に使用したモデルは、模擬高放射性廃液を用いたコールド試験結果より、攪拌状態や放射線分解によって発生する水素が放出される水面面積等を考慮したモデルで計算を行った。計算結果と実測したオフガス中の水素濃度を比較評価した結果、攪拌状態の不確定さがもたらす範囲内で同程度の値であることが確認された。この結果より、模擬高放射性廃液での試験で確認されたパラジウムによる水素消費反応は、実高放射性廃液でも起きている可能性が示唆された。これは、原子力機構と日本原燃との共同研究で実施した成果を2件のシリーズで発表するものであり、本発表は日本原燃が行う。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.