検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Effect of defocusing on ablated volume of gadolinium oxide

酸化ガドリニウムのアブレーション体積のデフォーカス効果

大場 正規; 丸山 庸一郎; 赤岡 克昭; 宮部 昌文; 若井田 育夫

Oba, Masaki; Maruyama, Yoichiro; Akaoka, Katsuaki; Miyabe, Masabumi; Wakaida, Ikuo

低除染TRU燃料の非破壊・遠隔分析技術開発における、組成,不純物分析法の最適条件探索を目的として、ナノ秒及びフェムト秒レーザーパルスを用いた場合の、アブレーション体積のレーザー焦点位置依存性を明らかにした。酸化ガドリニウムを試料としてアブレーション体積を測定した結果、焦点位置を試料表面から数mmデフォーカスさせた位置で体積が最大となり、試料表面位置では体積が減少するデフォーカス効果が観測された。この結果から、ダブルパルス法における発光強度のデフォーカス効果は、アブレーション体積のデフォーカス効果に起因すると考えられる。

We used nanosecond (ns) and femtosecond (fs) laser pulses to ablate gadolinium oxide samples and measured the ablated volume as a function of the laser pulse focal position. The defocusing effect of the ablated volume, which decreases as the ablation pulse focal position approaches the sample surface, was observed for both ns and fs pulses.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:93.9

分野:Physics, Applied

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.