検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

研究施設等廃棄物の埋設事業に関する情報提供の検討

Review to give the public clear information on near surface disposal project of low-level radioactive wastes generated from research, industrial and medical facilities

菖蒲 信博; 加藤 昌俊*; 高尾 朋枝*; 寺島 大輔*; 田中 良枝*; 白須 桐紀*; 天澤 弘也; 鯉渕 浩人; 仲田 久和

Shobu, Nobuhiro; Kato, Masatoshi*; Takao, Tomoe*; Terashima, Daisuke*; Tanaka, Yoshie*; Shirasu, Hisanori*; Amazawa, Hiroya; Koibuchi, Hiroto; Nakata, Hisakazu

日本原子力研究開発機構(以下、原子力機構)は、「埋設処分業務の実施に関する計画(平成21年11月13日認可、平成24年3月28日変更認可)」に従って、研究施設等廃棄物の埋設事業を推進している。本計画においては、国民全般に対し、事業の必要性や安全確保のための取組等埋設事業に関する情報発信に取り組むとしており、現在、ウェブを活用して同事業に関する情報発信に取り組んでいる。今後、原子力機構が地域へ出向いて事業に関する説明をする際、特に安全性に関する事項については、丁寧な説明が求められることから、その際どのような情報提供が効果的か、それを探るための調査検討を平成22年に実施した。また、平成23年3月に起きた福島第一原子力発電所事故により、原子力を取り巻く社会環境も大きく変わったと考えられたので、今後の広報活動における情報提供の在り方を探るための意識調査を実施した。本調査及び検討を通じて、研究施設等廃棄物の埋設事業に関する情報を提供する際の留意点、事故前後における人々の意識変化をおおむね把握することができた。

JAEA has promoted near surface disposal project for low-level radioactive wastes generated from research, industrial and medical facilities. JAEA has carried out public information about the project. When some town meetings are held toward mutual understanding with the public more detailed and clear explanations for safety management of the project are needed especially. Therefore, the information provision method to make the public understand should be reviewed. Moreover, a survey should be carried out in order to get a sense of what the public knows, what it values and where it stands on nuclear energy and radiation issues, because the social environment surrounding nuclear energy and radiation issues has changed as a result of the accident at the Fukushima on March 11, 2011. This review clarified the points to keep in mind about public information on the project, and that public recognition or understanding toward nuclear energy and radiation was changed before and after the accident.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.