検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

J-PARC RFQテストスタンド用ビームモニタリングシステム

Beam monitoring system for RFQ test stand of J-PARC linac

宮尾 智章*; 三浦 昭彦; 近藤 恭弘; 森下 卓俊; 杉村 高志*; 大内 伸夫; 小栗 英知; 丸田 朋史*; 内藤 富士雄

Miyao, Tomoaki*; Miura, Akihiko; Kondo, Yasuhiro; Morishita, Takatoshi; Sugimura, Takashi*; Ouchi, Nobuo; Oguri, Hidetomo; Maruta, Tomofumi*; Naito, Fujio

J-PARCリニアックでは、400MeVへのビームのエネルギーアップグレードと並行し、50mA対応のRFQ(Radio-Frequency-Quadrupole)を用いて、ピーク電流50mAでのビーム運転を目指している。このRFQの製作は平成24年度末に終了したため、性能評価を行う専用のRFQテストスタンドを整備している。このRFQテストスタンドにおいてビーム電流を測定するための電流モニタ、TOF(Time-of-Flight)法によるビームのエネルギー計算に使用する位相モニタなどのモニタリングシステムを構築し、各機器の性能を確認するための試運転を行った。本発表ではモニタリングシステムについての詳細を述べるとともに、本システムにて取得したビームエネルギー及びビーム透過率について説明する。また、新しいモニタテストなどの今後の展望について説明する。

In J-PARC linac, a project for energy and intensity upgrade has been progressed using 50 mA RFQ(Radio-Frequency-Quadrupole) linac cavity. Because the RFQ had already fabricated, test stand for its performance test was newly produced. In the test stand, we designed and fabricated the monitoring system including beam current monitors for the beam transmission measurement and the beam phase monitors for the energy measurement. We will refer the detail of the monitoring system and the data obtained during the performance test. New testing devices are also mentioned.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.