検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

PHITSコードへのミューオン核反応モデルの組み込み

Including the muon nuclear reaction model into the PHITS code

野田 秀作; 橋本 慎太郎; 佐藤 達彦; 仁井田 浩二*; 水野 義之*

Noda, Shusaku; Hashimoto, Shintaro; Sato, Tatsuhiko; Niita, Koji*; Mizuno, Yoshiyuki*

PHITSコードへパイオン生成反応などの高エネルギー光核反応モデルを組み込み、ミューオン核反応によって原子核内に発生する仮想光子スペクトルと組み合わせることによって、ミューオン核反応を模擬することを可能とする研究を行った。ミューオン核反応モデルの組み込みにおいて、ミューオン核反応によって発生した仮想光子と原子核との光核反応を正確に再現しなければならない。そこで、新たにPHITSに高エネルギー光核反応であるパイオン生成反応の組み込みを行った。高エネルギー光核反応モデルを組み込んだPHITSは、比較的よく実験値を再現することが確認できた。本発表では、ミューオンによる仮想光子発生メカニズムと高エネルギー光核反応を組み合わせ、両モデルの検証結果について述べる。

The authors has improve the photonuclear reaction model in the PHITS code. Photon-induced pion production process is newly included in PHITS in order to reproduce the photonuclear reaction caused by virtual photons generated from muon nuclear interaction. PHITS with the improved photonuclear reaction model can reproduce the experimental reults to some accuracy. Moreover it is planned to include the virtual photon generation model. Using the phonuclear reaction model and the muon interaction model, PHITS can be to handle the muon interation.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.