検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

福島第一原子力発電所事故時の公衆の線量再構築における実効的な沈着速度

Bulk deposition velocities for dose reconstruction in the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station accident

飯島 正史; 高原 省五; 嶋田 和真 ; 本間 俊充

Iijima, Masashi; Takahara, Shogo; Shimada, Kazumasa; Homma, Toshimitsu

原子力事故時に環境中に放出された放射性物質の吸入による内部被ばくは、事故直後における主要な被ばく経路の一つである。しかし、福島第一原子力発電所事故では事故直後、大気中の放射性核種濃度の測定が十分でなく、吸入経路の被ばく線量の推定方法が公衆の線量再構築における課題の一つとなっている。そこで本研究で線量再構築に資するよう、広範に存在する地表面核種濃度の実測データを用いて、地表大気中の核種濃度を推定するために実効的な沈着速度を導入した。実効的な沈着速度とは、ある期間内にある地点を通過した放射性プルームの地表大気中の時間積算濃度と、同地点に沈着した地表面濃度との比で定義される。地表面への放射性核種の沈着は、事故後から測定時点までの期間に通過した放射性プルームからの乾性沈着と降雨による湿性沈着によってもたらされる。したがって、実効的な沈着速度を評価するためには、ある地点を通過する放射性プルーム中の核種濃度の時間変化と、通過時の降雨量を明らかにする必要がある。本研究では、地域や時間に対して最も多くの実測データが得られているCs-137地表面濃度と大気拡散モデルとを組み合わせて各地の実効的な沈着速度を評価した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.