検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

6-year experiences of neutron imaging at NOBORU at J-PARC MLF

J-PARC MLFのNOBORUにおける6年間の中性子イメージング経験

及川 健一; 甲斐 哲也  ; 篠原 武尚; 原田 正英; 大井 元貴; 酒井 健二 ; 前川 藤夫; 鬼柳 善明*

Oikawa, Kenichi; Kai, Tetsuya; Shinohara, Takenao; Harada, Masahide; Oi, Motoki; Sakai, Kenji; Maekawa, Fujio; Kiyanagi, Yoshiaki*

核破砕中性子施設におけるTOF法を用いた中性子イメージングは、非常にユニークな能力を備えている。CTを含む従来の中性子ラジオグラフィは、カメラ型の検出器を用いて行うことができる。一方、タイムアナライザーを備えた二次元検出器は、三次元の情報を提供する。すなわち、中性子の波長(エネルギー)に対応するTOFと、二次元の実空間情報である。2008年のMLF運転開始以来、TOFイメージングのためのテスト実験が、J-PARCのNOBORUで開始された。共鳴吸収やブラッグエッジを利用したイメージング、偏極中性子を利用した磁場イメージングなど、開発が進められた。これら得られた知見は、現在建築中のMLFのBL-22の新しいイメージング専用装置に盛り込まれている。会議ではNOBORUでの六年間のTOFイメージングの知見を紹介する。

Neutron imaging using a time-of-flight (TOF) method at spallation neutron source has very unique capability. Conventional neutron radiography, including computed tomography, can be carried out by use of camera type detector. In contrast, two dimensional counter with a time analyzer provides 3D data; x, y, and TOF which corresponds to the wavelength (energy) of neutrons. Since 2008, test experiments for TOF imaging has been started at NOBORU at J-PARC. TOF imaging applying resonance peak, Bragg edge, and polarized neutron have been carried out extensively. Our experiences of neutron imaging at NOBORU were fully applied to the novel imaging instrument at BL-22 of MLF now under construction.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.