検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

福島沿岸部の河川土壌と河口域の海水を用いた放射性Csの脱離現象と粘土粒子の団粒化現象

Disorption of cesium from soil of river and aggregation of cray in Fukushima coastal area

藤原 健壮 ; 飯島 和毅 ; 寺島 元基 ; 舘 幸男  

Fujiwara, Kenso; Iijima, Kazuki; Terashima, Motoki; Tachi, Yukio

福島原子力発電所の事故に伴い、現在福島県内を中心とした広範なエリアで放射性核種のセシウム(Cs)が残存している。そのため、今後、未除染区域において、Csは長期にわたり、環境中に滞在し、生活圏・海への移行が懸念される。よって、環境中における放射性物質の存在形態や移動に関するデータを取得し、放射性セシウムの分布状況を予測するシステムを構築する必要がある。Csのほとんどは土壌に収着して川等の水流を媒体として環境中を移行していると考えられるが、河口域においてはCsが収着している土壌(粘土)粒子と海水が接触することになる。海水にはCsと同族の元素であるNaやKといったイオンが多く含まれており、イオン交換によるCsの脱離現象及び、土壌粒子間の反発が少なくなることによる団粒化の現象が起こると考えられる。本報告では、福島沿岸部における河口域の海水及び、河川敷の土壌を用い、脱離及び、団粒化の現象について評価した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.