検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

3Dレーザースキャナーを用いた山地森林の土砂生産量と放射性セシウム流出量の推定

Estimates of a sediment yield sedimentation rate and a outflow variation of radioactive Cs in an erosion control dam with 3D laser scanner

渡辺 貴善 ; 大山 卓也 ; 石井 康雄; 新里 忠史 ; 阿部 寛信 ; 三田地 勝昭; 佐々木 祥人 ; 北村 哲浩  

Watanabe, Takayoshi; Oyama, Takuya; Ishii, Yasuo; Niizato, Tadafumi; Abe, Hironobu; Mitachi, Katsuaki; Sasaki, Yoshito; Kitamura, Akihiro

福島県阿武隈山地からの放射性セシウム流出量の評価を目的に、同山地内の治山ダムに堆積した土砂量を3Dレーザースキャナーにより計測した。対象の治山ダムは、阿武隈山地中央部に位置する河谷にあり、流域は広葉樹とスギの針広混交林である。2013年8月29日と2014年12月3日に、3Dレーザースキャナーを用いてダム堤体の上流側の地表面を計測した。得られた高密度な点群データから地表面をモデル化し、2時期の地表面モデルの高低差を求めることにより、堆積土砂量の変化を算出した。計測の結果、15か月間での堆積土砂の増加量は0.5m$$^{3}$$であった。治山ダムの流域面積が2.1haであることから、治山ダムの流域における侵食深は約0.02mm/年となる。塚本(1998)による草地・林地の地被別年侵食量10$$^{-1}$$$$sim$$10$$^{-2}$$mm/年とほぼ同程度の結果であった。また、本調査地における深度5cmまでの土砂の放射能濃度から、15か月間に治山ダム上流の河谷から流出した放射性セシウムはCs-137: 200MBq、Cs-134: 80MBq程度と推定された。

For an estimate of movement from forest to living spheres, it is important to understand value of movement of soil and radioactive Cs from forest. We measured volumes of deposit with 3D laser scanner in an erosion control dam in Namie town, Fukushima prefecture on August 29, 2013 and December 3, 2014. As a result of measurement, an amount of increase of sediment for 15 months is 0.5 m$$^{3}$$. A denudation rate is 0.02 mm/year. This value is on the same level with denudation rates in meadows and forest, 10$$^{-2}$$ $$sim$$ 10$$^{-1}$$ mm/year (Fujiwara et al, 1999). And it is estimated that a variation of radioactive Cs is Cs-137: 200 MBq, Cs-134: 80 MBq.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.