検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Material design for magnesium alloys with high deformability

高変形能を有するマグネシウム合金の設計

染川 英俊*; 山口 正剛; 大澤 嘉昭*; Singh, A.*; 板倉 充洋; 都留 智仁; 向井 敏司*

Somekawa, Hidetoshi*; Yamaguchi, Masatake; Osawa, Yoshiaki*; Singh, A.*; Itakura, Mitsuhiro; Tsuru, Tomohito; Mukai, Toshiji*

マグネシウム合金は軽量だが室温における変形能が低い。いくつかの添加元素が延性を改善することが知られているが、よりよい添加元素が求められている。第一原理計算から非底面すべりを活性化する元素を探索した結果、その原子半径と電気陰性度によって、よりよい添加元素を判別できるという予測が立てられた。実験の結果は計算の予測と一致し、CaとSrなどがマグネシウムの延性を改善することが分かった。計算科学を援用した材料開発が実現可能であることを示唆する結果である。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:25.78

分野:Materials Science, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.