検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

The Transfer of radiocesium from the bark to the stemflow of chestnut trees (${it Castanea crenata}$) contaminated by radionuclides from the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident

福島第一原子力発電所の事故由来の放射性セシウムのクリ(${it Castanea crenata}$)の樹皮から樹幹流への移行

佐々木 祥人; 阿部 寛信; 三田地 勝昭; 渡辺 貴善; 石井 康雄; 新里 忠史

Sasaki, Yoshito; Abe, Hironobu; Mitachi, Katsuaki; Watanabe, Takayoshi; Ishii, Yasuo; Niizato, Tadafumi

福島の森林に生育する栗の木から樹幹流中への放射性セシウムの移行について報告する。事故当時に存在していた木の樹皮表面には、放射性セシウムは不均一かつスポット状に分布していた。事故後に生じた新枝にはほぼ均一に存在していた。放射性セシウム濃度は、幹(直径2cm)、枝(直径5mm以下)、葉の順に低くなった。また、幹(直径2cm)においては、樹皮は、木部の約10倍の放射性セシウム濃度であった。樹幹流の溶存画分(0.45$$mu$$m以下)試験期間中のCs-137濃度は平均約10Bq/Lであり、pHは5.8でほぼ一定であった。樹幹流の溶存画分の電気伝導率は放射性セシウム濃度と強い正の相関がみられたことから、樹幹流中の電解質と放射性セシウムは同じ溶出機構であることが示唆された。樹幹流中の粒子画分(0.45$$mu$$m以上)の一部に放射性セシウムが強く付着している粒子が存在することが示された。

We report the behavior of radiocesium on the tree bark and its transfer into the stemflow of chestnut in a forest in Fukushima. The radiocesium concentration is greatest in $$phi$$2-cm stem, less in $$<$$$$phi$$5-mm stem, and least in the leaves. In the $$phi$$2-cm stem, the radiocesium concentration of the bark was approximately 10 times that of wood. The average Cs-137 concentration of the dissolved fraction of stem flow was about 10 Bq/L; the pH was nearly constant at 5.8. A strong positive correlation was observed between the radiocesium concentration and the electrical conductivity of the dissolved fraction of stemflow; this result suggests that radiocesium and electrolytes have the same elution mechanism from the tree. Some of the particles in the particulate fraction of the stem flow was strongly adsorbed radiocesium.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:55.17

分野:Environmental Sciences

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.