検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Degassing of kicker magnet by in-situ bake-out method

In-situベーキング手法を利用したキッカー電磁石の脱ガス

神谷 潤一郎; 荻原 徳男; 引地 裕輔; 金正 倫計; 三木 信晴*; 柳橋 亨*

Kamiya, Junichiro; Ogiwara, Norio; Hikichi, Yusuke; Kinsho, Michikazu; Miki, Nobuharu*; Yanagibashi, Toru*

RCSキッカー電磁石はフェライト及びアルミ電極板等で構成されている。フェライトは多孔質の材料であり放出ガスが多く、アルミ電極板は超高真空対応の表面処理を行っているが、表面積が大きいので全放出ガス量が無視できない。このようなキッカー電磁石からの放出ガスはビームライン圧力の悪化に直結する。よって加速器を安定に運転するためには、キッカー電磁石の脱ガスを行うことが必須である。これまでわれわれは真空容器中の構造物を脱ガスする新しい方法として、ヒーターを真空容器内部へ導入し、熱源と真空容器の間を熱遮蔽することで、熱流量を構造物へ向けて構造物を昇温するという手法の研究開発を行ってきた。この手法を用いれば、真空容器を熱膨張させずに内部構造物を脱ガスできるため、キッカー電磁石をビームラインに設置された状態で(すなわちin-situで)昇温し、放出ガスを低減することが可能である。課題は保守性の良いヒーターの設計であった。今回、グラファイトをヒーター材料に選定することで、ポートから脱着できるようヒーターを小型化した。発表において、本ヒーターの設計思想について報告する。また、本ヒーターを用いて昇温試験及び脱ガス試験を行い、良好な温度分布を得、結果として放出ガスの低減に成功したので報告する。

New method of in-situ degassing of the kicker magnet in the beam line has been developed. The heater and heat shielding panels are installed in the vacuum chamber in this method. The heater was designed considering the maintainability. The graphite was selected as the heater and the high melting point metals were used as the reflectors just near the heater. The thermal analysis and the temperature measurement with the designed heater was performed. The ideal temperature distribution for the kicker degassing was obtained. The outgassing of the graphite during rising the temperature was measured. The result showed that the outgassing was extremely suppressed by the first heating. This means the outgassing of the graphite heater was negligible as long as it is used in the beam line without exposure to the air.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.