検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

福島第一原子力発電所事故時に様々な大気放出を引き起こした原子炉の推定

Estimation of reactor units generated various atmospheric releases during the Fukushima Daiichi nuclear accident

茅野 政道; 永井 晴康 ; 寺田 宏明  ; 堅田 元喜; 三上 智  ; 鳥居 建男 ; 斎藤 公明 ; 西澤 幸康

Chino, Masamichi; Nagai, Haruyasu; Terada, Hiroaki; Katata, Genki; Mikami, Satoshi; Torii, Tatsuo; Saito, Kimiaki; Nishizawa, Yukiyasu

福島第一原子力発電所事故において、何時、どの原子炉からの放出で環境汚染が生じたかを、1$$sim$$3号機の炉内$$^{134}$$Cs/$$^{137}$$Csインベントリ比が異なることを利用して、地表沈着したCsの同位体比の測定値と、大気拡散シミュレーションによる測定地点への沈着時期(遡って放出時期)の解析を組み合わせることで推定した。大気拡散シミュレーションには、原子力機構のWSPEEDI-IIを使用した。推定期間は、2011年3月14日から3月20日ごろまでのCsの大量放出が継続した期間である。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.