検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Seismic damage probability by ground motions consistent with seismic hazard

地震ハザードに適合する地震動群による構造物の損傷

五十嵐 さやか*; 坂本 成弘*; 内山 泰生*; 山本 優*; 西田 明美; 村松 健; 高田 毅士*

Igarashi, Sayaka*; Sakamoto, Shigehiro*; Uchiyama, Yasuo*; Yamamoto, Yu*; Nishida, Akemi; Muramatsu, Ken; Takada, Tsuyoshi*

本研究は、原子力施設のリスク評価手法の高度化にかかわる共同研究の一環として実施しているものである。従来の地震波群作成手法では、一様ハザードスペクトルなどに適合するように地震波が作成されることが多いため、スペクトルのばらつきを考慮しない場合もあり、考慮したとしても、その周期間相関は完全相関の仮定の下、地震波群が作成されることが多い。これまでに著者らが提案した地震波群の作成手法による地震波群は、従来の距離減衰式による地震ハザードにも調和し、震源特性の違い(不確定性)を含んだものであることから、継続時間や応答スペクトルの形状などの地震動特性も多様性のあるものとなっている。本論文では、地震波群の応答スペクトルのばらつきの大きさやその周期間相関の違いによって、最終的な建物機能損傷にどの程度の影響があるのかを定量的に評価することを目的として、ばらつきや周期間相関の与え方の異なる複数の地震波群セットを用意し、設備機器システムの損傷確率を比較した結果を示す。

In the preceding study, the methodology to generate ground-motion time histories for advanced PRA of NPPs was proposed by Nishida et al.. They are consistent with seismic hazard at reference site, and incorporate uncertainties of seismic-source characteristics. The ground motions utilized in conventional PRA are generated to fit to specified spectra such as UHS, and they are often generated without considering the variation of spectra. Even if it is considered, their inter-period correlations are generally assumed to be 1.0. In this paper, the authors prepared some cases of ground-motions sets. Ground motions are generated to fit to the response spectra calculated from hazard-consistent ground motions. While the target response spectra have the same median for all case, they have different variation and inter-period correlation. The response analyses of general RC structure and PWR building are conducted and the damage frequencies of simplified equipment system are compared.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.