検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

中性子小角散乱法による物理架橋ナノゲルの微細構造解析

Nanoscopic structure of physically cross-linked nanogels investigated by small-angle neutron scattering

関根 由莉奈; 遠藤 仁*; 岩瀬 裕希*; 竹田 茂生*; 向井 貞篤*; 深澤 裕; 佐々木 善浩*; 秋吉 一成*

Sekine, Yurina; Endo, Hitoshi*; Iwase, Hiroki*; Takeda, Shigeo*; Mukai, Sadaatsu*; Fukazawa, Hiroshi; Sasaki, Yoshihiro*; Akiyoshi, Kazunari*

多糖であるプルランに疎水基を導入した疎水化多糖は、自己組織的に水中で約20nmの物理架橋ナノゲルを形成する。このナノゲルは疎水性の低分子薬剤やタンパク質等をネットワーク中に内包する性質を持つことから体内に薬物や物質を効率良く輸送するキャリアとして広く応用されてきた。今まで、ピレンを用いた蛍光消光法等によりナノゲル内に疎水性基同士の相互作用が観察されているが、詳細な内部構造はほとんど明らかとなっていない。ナノゲル内部の微細構造はその機能に大きく関与すると考えられることから、物理的, 化学的機能を制御した新規なナノゲル材料開発のために詳細な構造を明らかとすることは重要である。本発表では、コントラスト変調中性子小角散乱法を用いてコレステロール置換プルランナノゲル(CHPナノゲル)内部の微細構造を評価した結果について述べる。

Cholesterol-bearing pullulan (CHP) forms stable nanogel of 20 nm in size in water. The CHP nanogels can trap various proteins spontaneously. Owing to their characteristics, nanogels can be used in protein delivery systems, particularly for cancer vaccines. The spatial distribution and detailed structure of the cross-linking points are important factor determining their chemical and physical functions. The aim of this study is to investigate the structure of the nanogels by means of contrast variation small-angle neutron scattering (CV-SANS), which enables us to determine quantitative complex structure at nanometer scale. In this presentation, we will discuss the detailed structure of the CHP nanogel.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.