検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

Proceedings of the 2015 Symposium on Nuclear Data; November 19-20, 2015, Ibaraki Quantum Beam Research Center, Tokai-mura, Ibaraki, Japan

2015年度核データ研究会報告集; 2015年11月19日$$sim$$20日,いばらき量子ビーム研究センター,茨城県東海村

岩本 修; 佐波 俊哉*; 国枝 賢; 小浦 寛之 ; 中村 詔司

Iwamoto, Osamu; Sanami, Toshiya*; Kunieda, Satoshi; Koura, Hiroyuki; Nakamura, Shoji

2015年度核データ研究会は、2015年11月19日$$sim$$20日に、茨城県東海村のいばらき量子ビーム研究センターにて開催された。本研究会は、日本原子力学会核データ部会が主催、日本原子力研究開発機構原子力基礎工学研究センターと原子力学会北関東支部が共催した。今回、チュートリアルとして「少数多体系理論の最近の話題」、「核データ共分散の利用法2015」の2件を、講演・議論のセッションとして「最近の話題」、「AIMACプロジェクトの進捗」、「JENDL評価ファイルの現状」、「核データの応用」の4件を企画・実施した。さらに、ポスターセッションでは、実験、評価、ベンチマーク、応用など、幅広い研究内容について発表が行われた。参加者総数は99名で、それぞれの口頭発表及びポスター発表では活発な質疑応答が行われた。本報告書は、本研究会における口頭発表13件、ポスター33件の論文をまとめている。

The 2015 Symposium on Nuclear Data was held at Ibaraki Quantum Beam Research Center, on November 19 and 20, 2015. The symposium was organized by the Nuclear Data Division of the Atomic Energy Society of Japan in cooperation with Nuclear Science and Engineering Center of Japan Atomic Energy Agency and North Kanto Branch of Atomic Energy Society of Japan. In the symposium, there were two tutorials, "Theory of Few-Body Systems and Recent Topics" and "Use of Covariance Data 2015" and four oral sessions, "Recent Research Topics", "Progress of AIMAC Project", "Present Status of JENDL Evaluated Files", and "Nuclear Data Applications". In addition, recent research progress on experiments, evaluation, benchmark and application was presented in a poster session. Among 99 participants, all presentations and following discussions were very active and fruitful. This report consists of total 46 papers including 13 oral and 33 poster presentations.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.