検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

Activation measurements of neputunium-237 at KURRI-Linac

KURRI-Linacにおけるネプツニウム237の放射化測定

中村 詔司; 寺田 和司; 芝原 雄司*; 上原 章寛*; 藤井 俊行*; 佐野 忠史*; 高橋 佳之*; 堀 順一*

Nakamura, Shoji; Terada, Kazushi; Shibahara, Yuji*; Uehara, Akihiro*; Fujii, Toshiyuki*; Sano, Tadafumi*; Takahashi, Yoshiyuki*; Hori, Junichi*

マイナーアクチノイド核種の断面積データの精度の向上のために、一連の中性子捕獲断面関測定を、放射化法により実施してきている。今回、マイナーアクチノイド核種のうちNp-237について放射化測定を行った。本実験では、京都大学原子炉実験所の電子線形加速器による中性子源を用いた。Np-237の中性子捕獲反応により生成されたNp-238からの$$gamma$$線を測定して反応率を求めた。照射位置の中性子スペクトルをシミュレーション計算で求めて、Au箔の反応率を用いて規格化した。規格化した中性子スペクトルとJENDL-4.0の評価データを用いてNp-237の反応率の計算値を求めた。実験値と計算値が誤差の範囲で一致し、本実験ではJENDL-4.0を支持することが分かった。

The activation measurements of Np-237 were performed with neutron sources at KURRI-Linac. It was found that activation measurements supported the evaluated cross-section data of JENDL-4.0.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.