検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Experimental investigation of the influence of Mo contained in stainless steel on Cs chemisorption behavior

Mo含有ステンレス鋼のCs化学吸着挙動に関する実験研究

Di Lemma, F. G.; 中島 邦久; 山下 真一郎; 逢坂 正彦

Di Lemma, F. G.; Nakajima, Kunihisa; Yamashita, Shinichiro; Osaka, Masahiko

シビアアクシデント(SA)時における化学吸着現象は、原子炉反応容器内でのFPの沈着挙動に影響すると予想される。本論文では、Cs化学吸着に対するモリブデンの影響について研究した結果を報告する。モリブデンは、SUS316の構成元素のひとつである。SUS316を用いた実験では、SUS304で見つかったCsFeSiO$$_{4}$$のほかにCs-Mo化合物が生成することが分かった。さらに、化学吸着物の高温安定性を調べるための試験では、Cs-Mo化合物が再蒸発することが分かった。そのため、このCs-Mo化合物については、SA時のソースターム評価において、放射性物質の遅発的な放出源になりうると考えられた。

Chemisorption phenomena can affect fission products retention in the nuclear reactor vessel during a Severe Accident (SA). This paper will describe the influence of molybdenum contained in type 316 stainless steel (SS) on Cs chemisorption. Our experiments showed the formation of Cs-Mo compounds in addition to CsFeSiO$$_{4}$$, observed previously on SS304. The results of high temperature stability tests on the deposits are also presented. These tests aimed at simulating the revaporization of FP from structural materials during a SA. From our results, it can be inferred that Cs-Mo deposits may revaporize, contributing as a delayed source to the radioactive release.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:18.09

分野:Materials Science, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.