検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Research progress at the Slow Positron Facility in the Institute of Materials Structure Science, KEK

KEK物質構造科学研究所低速陽電子実験施設の研究報告

兵頭 俊夫*; 和田 健*; 望月 出海*; 木村 正雄*; 峠 暢一*; 設楽 哲夫*; 深谷 有喜; 前川 雅樹*; 河裾 厚男*; 飯田 進平*; 満汐 孝治*; 長嶋 泰之*

Hyodo, Toshio*; Wada, Ken*; Mochizuki, Izumi*; Kimura, Masao*; Toge, Nobukazu*; Shidara, Tetsuo*; Fukaya, Yuki; Maekawa, Masaki*; Kawasuso, Atsuo*; Iida, Shimpei*; Michishio, Koji*; Nagashima, Yasuyuki*

本論文では、高エネルギー加速器研究機構(KEK)物質構造科学研究所(IMSS)低速陽電子実験施設(SPF)で得られた最近の成果を報告する。全反射高速陽電子回折(TRHEPD)実験では、ルチル型TiO$$_{2}$$(110)($$1times2$$)表面、Cu(111)およびCo(0001)基板上のグラフェン、Al(111)基板上のゲルマネンの構造を明らかにした。ポジトロニウム負イオン(Ps$$^{-}$$)ステーションでは、Ps$$^{-}$$の共鳴状態の観測に成功した。ポジトロニウム飛行時間測定(Ps-TOF)ステーションでは、ポジトロニウムの生成効率の増大とポジトロニウム生成・放出過程におけるエネルギー損失を観測した。陽電子ビームラインにパルスストレッチングセクションが導入され、陽電子ビームのパルス幅が1.2$$mu$$sから20msまで可変になった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:9.52

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.