検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

AMSを用いた福島原発周辺土壌の$$^{36}$$Clの定量

Quantitative analysis of $$^{36}$$Cl in surface soils near the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant using accelerator mass spectrometry

太田 祐貴*; 末木 啓介*; 笹 公和*; 高橋 努*; 松中 哲也*; 松村 万寿美*; 戸崎 裕貴*; 細谷 青児*; 高野 健太*; 落合 悠太*; 佐藤 志彦 ; 吉川 英樹; 中間 茂雄; 箕輪 はるか*

Ota, Yuki*; Sueki, Keisuke*; Sasa, Kimikazu*; Takahashi, Tsutomu*; Matsunaka, Tetsuya*; Matsumura, Masumi*; Tosaki, Yuki*; Hosoya, Seiji*; Takano, Kenta*; Ochiai, Yuta*; Satou, Yukihiko; Yoshikawa, Hideki; Nakama, Shigeo; Minowa, Haruka*

福島第一原子力発電所事故により、莫大な量の放射性核種が環境中に放出された。$$^{36}$$Cl(半減期: 30.1万年)もまた放出が疑われる核種である。しかし、汚染地域の土壌中に含まれる$$^{36}$$Clを報告する研究は三宅ら(2015)の1件だけである。さらなる研究により$$^{36}$$Clの放出量と他の放射性核種の放出挙動との関係を評価することが求められる。そこで本研究では、筑波大学加速器質量分析(AMS)装置を用いて得た$$^{36}$$Cl/Clから$$^{36}$$Cl蓄積量(Bq/m$$^{2}$$)の算出を行い、放出量の大きい$$^{137}$$Csや$$^{36}$$Clと同じハロゲンである$$^{129}$$Iとの比較検討を行った。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.