検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

ガラス組成による溶融ガラスCV結果の変化

Change in cyclic voltammogram of molten glass by glass composition

永井 崇之; 金子 耕士; 元川 竜平; 岡本 芳浩; 芳賀 芳範; 小林 博美*; 本間 将啓*; 畠山 清司*; 廣野 和也*

Nagai, Takayuki; Kaneko, Koji; Motokawa, Ryuhei; Okamoto, Yoshihiro; Haga, Yoshinori; Kobayashi, Hiromi*; Homma, Masanobu*; Hatakeyama, Kiyoshi*; Hirono, Kazuya*

核燃料再処理工程で発生した高レベル放射性廃液は、交流通電によるジュール熱を利用した溶融炉内でホウケイ酸ガラス原料と混合溶融され、ガラス固化体に製造される。この固化体の製造・処分費の低減策として、ガラス原料への廃液充填量を増やす検討が進められている。本報は、ガラス原料の通電に係る基礎データ取得として評価した、ガラス組成による溶融ガラスのサイクリックボルタモグラムの変化を紹介する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.