検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

低線量・低線量率リスク推定における現状と課題; 線量評価の現状と課題

Current status and issues of low dose and low dose rate radiation risk estimation method; Current status and issues of dose assessment

酒井 一夫*; 山田 裕*; 吉田 和生*; 吉永 信治*; 佐藤 薫; 緒方 裕光*; 岩崎 利泰*; 工藤 伸一*; 浅田 恭生*; 川口 勇生*; 波江野 洋*; 佐々木 道也*

Sakai, Kazuo*; Yamada, Yu*; Yoshida, Kazuo*; Yoshinaga, Shinji*; Sato, Kaoru; Ogata, Hiromitsu*; Iwasaki, Toshiharu*; Kudo, Shinichi*; Asada, Kyosei*; Kawaguchi, Isao*; Namieno, Hiroshi*; Sasaki, Michiya*

日本保健物理学会では、疫学研究および放射線生物研究に関する文献調査等に基づき、従来の保守的な方法と異なる、低線量に対する新しいリスク推定法を構築するために2016年4月に「低線量・低線量率リスク推定法専門研究会」を発足させ、生物学研究、モデル研究、疫学研究、および線量評価の各分野における現状を整理するとともに、課題についての議論を重ねてきた。本発表は、学会員への情報提供を目的として、本専門研究会の2年間の活動の成果を報告するものである。発表者は、低線量・低線量率放射線のリスク推定法を構築する上で線量評価の視点から課題として抽出された事項として、被検者の解剖学的特性、各種モニタリング測定値、体内線量(率)分布が線量評価の不確かさに及ぼす影響等について紹介・解説する。

Task Group of Low dose and Low Dose Rate Radiation Risk Estimation Method in the Japan Health Physics Society presented the task group activity from April, 2016 to March, 2018. The presenter introduce the current status and issues of dose assessment (e.g. effects of anatomical characteristics of subjects, monitoring data, distribution of dose and dose rate in body on uncertainty of dose assessment).

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.