検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

J-PARC加速器の現状

Status of J-PARC accelerators

長谷川 和男; 金正 倫計 ; 小栗 英知 ; 山本 風海  ; 林 直樹 ; 山崎 良雄; 内藤 富士雄*; 吉井 正人*; 山本 昇*; 小関 忠*

Hasegawa, Kazuo; Kinsho, Michikazu; Oguri, Hidetomo; Yamamoto, Kazami; Hayashi, Naoki; Yamazaki, Yoshio; Naito, Fujio*; Yoshii, Masahito*; Yamamoto, Noboru*; Koseki, Tadashi*

J-PARCでは2017年の夏季メンテナンス終了後、10月下旬から利用運転を再開した。3GeVシンクロトロンからビームを供給する物質・生命科学実験施設(MLF)では、予備の標的を使ってきたため出力は150-200kWであったが、夏季メンテナンス中に新しい設計で製作した標的に交換した。この結果、11月に300kW、1月から400kW、4月下旬から500kWと徐々に利用運転の出力を向上した。また、2018年の7月に1MWの1時間の連続試験に成功した。30GeVのメインリングでは、ニュートリノ実験施設(NU)への供給を10月下旬から開始し、440kWから出力を上げ12月には470kWで終了した。2018年1月から2月はハドロン実験施設(HD)に供給した。繰り返しを5.52から5.20秒に速め、調整を進めた結果、出力は44kWから50kWに向上した。3月からNUへの供給を再開し、調整の結果490kWを安定に供給できるようになった。稼働率は、2017年度はリニアック、RCSともに安定で、MLF向けは93%であった。MRでは、NU向けは比較的安定で89%、HD向けは66%(2017年4月に発生したESS不具合の影響が大きい)であった。

After the summer shutdown in 2017, the J-PARC restarted user operation in late October. The Materials and Life Science Experimental Facility (MLF) used a spare target and the beam power was limited to 150-200kW. The target was replaced with a new one in the summer shutdown. The beam power was for user operation gradually increased from 300 kW to 500 kW. We have successfully demonstrated 1MW 1hour operation in July 2018. The beam power for the neutrino experimental facility (NU) was 440 kW to 470 kW. The beam was delivered to the hadron experimental facility (HD) from January to February in 2018. The repetition rate of the main ring was shortened from 5.52 to 5.20 seconds, the beam power was increased from 44 to 50 kW. From March 2018, we delivered to the NU at 490 kW stably. In the fiscal year of 2017, the availabilities for the MLF, NU and HD are 93%, 89% and 66%, respectively.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.