検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

使用済み燃料再処理プロセスから発生する廃溶媒処理技術の開発,2; 固体吸着材を用いた廃溶媒からの核燃料物質分離除去に関する検討

Development of treatment technology of spent solvent generated from fuel reprocessing process, 2; Investigation about the nuclear fuel material separation and removal from the liquid waste using solid adsorbent

中村 文也*; 新井 剛*; 保科 宏行*; 瀬古 典明*; 荒井 陽一; 渡部 創; 野村 和則

Nakamura, Fumiya*; Arai, Tsuyoshi*; Hoshina, Hiroyuki*; Seko, Noriaki*; Arai, Yoichi; Watanabe, So; Nomura, Kazunori

原子力施設で発生する放射性廃液の処理技術を確立するSTRAD(Systematic Treatments of RAdioactive liquid wastes for Decomissioing)プロジェクトの一環として、核燃料物質を装荷した状態で保管した使用済み溶媒の処理技術開発を実施した。抽出剤であるリン酸トリブチル(TBP)は放射線等によりリン酸ジブチル(DBP)等に分解し、長期間核燃料物質を装荷したまま保管すると硝酸による逆抽出が困難となる。本件では、固体吸着材を用いて直接廃溶媒から核燃料物質を吸着除去する処理法の適用性を検討した。固体吸着材として、不織布状の吸着材(イミノ二酢酸(IDA)基, リン酸基, アミドオキシム基)、及びIDA型キレート樹脂を候補として、リン酸ジブチル(DBP), リン酸トリブチル(TBP)とドデカンを含む模擬劣化溶媒からのZr(IV)の吸着除去性能をバッチ式吸着試験により評価した。その結果、イミノ二酢酸型の吸着材が良好な吸着反応を示すことを確認した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.