検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Low power measurement of a 1300-MHz RFQ cold model

1300-MHz RFQのコールドモデルの低電力測定

近藤 恭弘; 森下 卓俊; 田村 潤; 大谷 将士*

Kondo, Yasuhiro; Morishita, Takatoshi; Tamura, Jun; Otani, Masashi*

J-PARCにおけるミューオンg-2/EDM実験のためのミューオンリニアックの開発が進行中である。J-PARCミューオン施設Hラインからのミューオンは、シリカエアロジェルターゲット中に停止させられ、室温のミューオニウムが生成する。それをレーザー解離した超低速ミューオンをリニアックで212MeVまで加速する。このミューオンリニアックの低エネルギー部は324MHzのRFQとIH-DTLで構成される。周波数は続くCCLセクションで1296MHz(Lバンド)に増やされる。我々は低エネルギー部をLバンドRFQで置き換えることを提案している。このLバンドRFQはこれまでのRFQにくらべて極端に小型となるため低電力モデルを製作し実現可能性を検証する。本論文では、LバンドRFQの低電力測定結果について述べる。

A muon linac development for a new muon g-2 experiment is now going on at J-PARC. Muons from the muon beam line (H line) at the J-PARC muon science facility are once stopped in a silica-aerogel target, and room temperature muoniums are evaporated from the aerogel. They are dissociated with lasers, then accelerated up to 212 MeV using a linear accelerator. In the current reference design, a 324-MHz radio frequency quadrupole (RFQ) and an interdigital H-mode drift tube linac (IH-DTL) are used for the low beta acceleration. We propose a 1300 MHz (L band) RFQ instead of the 324 MHz RFQ and IH-DTL as an alternative to simplify the configuration of the muon linac. In this paper, the present status of the design and the measurement of a cold model of this world first L-band RFQ is described.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.