検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Revealing the mountain building process of the NE Japan Arc using low-temperature thermochronology; Preliminary data of the north area

低温領域の熱年代学を用いた東北日本弧の山地形成過程の解明; 北部地域の予察的なデータ

福田 将眞*   ; 末岡 茂   ; 長谷部 徳子*; 田村 明弘*; 森下 智晃*; 田上 高広*

Fukuda, Shoma*; Sueoka, Shigeru; Hasebe, Noriko*; Tamura, Akihiro*; Morishita, Tomoaki*; Tagami, Takahiro*

典型的島弧である東北日本弧の山地形成史の制約のため、低温領域の熱年代学による解析を実施した。2014年から2018年にかけて、東北日本弧の北部と南部の測線にて約100地点で花崗岩試料の採取を行った。南部測線においては、前弧側, 奥羽脊梁山地, 背弧側において、熱史・削剥速度や最終冷却時期が異なることが明らかとなった。本講演では、新たに得られた北部測線における熱年代データについて報告する。アパタイト(U-Th)/He年代は88.6-1.0Ma、アパタイトフィッション・トラック年代は138.0-2.0Ma、ジルコン(U-Th)/He年代は83.9-7.4Maとなった。南部測線と同様に、北部測線でも前弧側, 奥羽脊梁山地, 背弧側における熱史の対照性が示唆される。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.