検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

コシアブラ若木の地上部および地下部における放射性セシウム分布

Radiocesium distribution of above- and under-ground parts of wild vegetable (${it Eleutherococcus sciadophylloides}$).

伊藤 聡美; 佐々木 祥人 ; 新里 忠史 ; 渡辺 貴善 ; 三田地 勝昭*

Ito, Satomi; Sasaki, Yoshito; Niizato, Tadafumi; Watanabe, Takayoshi; Mitachi, Katsuaki*

東京電力ホールディングス福島第一原子力発電所の事故により、環境中に放出された放射性物質は現在、福島県内の森林,表層土壌に多く沈着している。この影響により、食用林産物は、福島県の一部地域で出荷制限されているものも存在する。新芽を食用とするウコギ科のコシアブラは広い地域で出荷が制限されている山菜である。本発表では、山菜採取の対象となりやすい若木を対象として土壌の放射性セシウム深度分布、コシアブラ若木の地上部(葉,樹幹)と地下部(根)における植物体量および、放射性セシウム量について調査した結果、土壌中の放射性セシウムが多く分布する深度0-10cmに根の90%以上が存在することが分かったため、これらの調査結果について報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.