検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Tracking the fate of $$^{129}$$I near the seafloor off Fukushima

福島沿岸から沖合の海底付近での$$^{129}$$Iの動き

乙坂 重嘉*; 佐藤 雄飛*; 鈴木 崇史; 桑原 潤; 中西 貴宏

Otosaka, Shigeyoshi*; Sato, Yuhi*; Suzuki, Takashi; Kuwabara, Jun; Nakanishi, Takahiro

海底付近においてヨウ素は、還元的な堆積物中での有機物の分解に伴う無機化, 酸化的な海水中での化学形の変化、細胞内外での酵素反応による有機化等、様々な経路で移行する。このため、海底付近での放射性ヨウ素の移行過程の追跡は、海洋における様々な元素循環についての理解を深めるうえで貴重な情報をもたらす。本講演では、福島第一原子力発電所事故によって福島沿岸の海底に沈着した$$^{129}$$Iの分布や再移動の様子について議論した研究成果について、元素循環の観点で紹介する。特に、(1)福島周辺海域の海底への$$^{129}$$Iの沈着は非生物性の吸着によるものであること、(2)事故から2年間に沿岸に沈着した$$^{129}$$Iの数パーセントが陸棚縁辺域へと再移動することについて解説する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.