検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Root-endophytic Chaetomium cupreum chemically enhances aluminium tolerance in $$Miscanthus sinensis$$ via increasing the aluminium detoxicants, chlorogenic acid and oosporein

内生菌Chaetomium cupreumがアルミニウム無毒化物質であるクロロゲン酸とoosporeinを増加させることによってすすきのアルミニウム耐性を向上させる

春間 俊克*; 山路 恵子*; 小川 和義*; 升屋 勇人*; 関根 由莉奈; 香西 直文

Haruma, Toshikatsu*; Yamaji, Keiko*; Ogawa, kazuyoshi*; Masuya, Hayato*; Sekine, Yurina; Kozai, Naofumi

すすきは鉱山跡地に生える先駆植物である。すすきは、植物性シデロフォアを生産することによって、鉱山跡地の有害元素であるAlを無毒化する。すすきの根に内生する微生物であるC. cupreumは、シデロフォアを生産することによってすすきのAl耐性を向上させる。われわれは、C. cupreumが生産するシデロフォアがoosporeinであると同定した。oosporeinがAlを無毒化することを明らかにした。C. cupreumを無菌状態のすすきに接種すると、芽の生長が促進され、Al耐性が向上した。

Miscanthus sinensis Andersson is a pioneer plant species that grows naturally at mining sites. $$Miscanthus sinensis$$ can detoxify aluminium (Al) by producing phytosiderophores. Root-endophytic Chaetomium cupreum, which produces microbial siderophores, enhances Al tolerance in M. sinensis. We identified the siderophore produced by C. cupreum as oosporein. It was revealed that oosporein could detoxify Al. Inoculation test of C. cupreum onto M. sinensis in acidic mine soil showed that C. cupreum promoted seedling growth, and enhanced Al tolerance.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:100

分野:Multidisciplinary Sciences

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.