検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

A Laboratory investigation of microbial degradation of simulant fuel debris by oxidizing microorganisms

微生物の酸化作用による模擬燃料デブリの分解に関する研究

Liu, J.; 土津田 雄馬; 北垣 徹; 香西 直文; 山路 恵子*; 大貫 敏彦

Liu, J.; Dotsuta, Yuma; Kitagaki, Toru; Kozai, Naofumi; Yamaji, Keiko*; Onuki, Toshihiko

福島第一原子力発電所(FDNPP)の廃止措置を行う上で、燃料デブリの現状を把握することは非常に重要な課題の一つである。事故直後に行われた炉内への海水注入および現在まで続く地下水の流入により、FDNPP周辺環境中の微生物の炉内への侵入が予想される。また、今後予定されている燃料デブリの取り出し作業において、人や機材などの出入りに伴う大気の流入により、新たな微生物の侵入も考えられる。これらの微生物の代謝活動は、炉内構造材の腐食や燃料デブリの分解などの原因となる可能性があり、燃料デブリの現状を正しく把握する上で考慮する必要がある。そこで、本研究では模擬燃料デブリを液体培地中で細菌と混合培養することにより、微生物の代謝による燃料デブリへの影響を観察した。

To decommission the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant (FDNPP), it is necessary to estimate the current status of fuel debris and predicate the possible change under various condition. Some microorganisms may enter the plant due to the seawater injection after accident and future defueling activity. In this study, microbial influence on fuel debris under aerobic condition was experimentally investigated. By culturing some bacteria in the presence of simulant fuel debris in liquid medium, the microbial degradation of fuel debris was observed.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.