検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Vertical distributions of Iodine-129 and iodide in the Chukchi Sea and Bering Sea

チャクチ海, ベーリング海におけるヨウ素-129およびヨウ化物イオンの鉛直分布

三輪 一爾; 小畑 元*; 鈴木 崇史

Miwa, Kazuji; Obata, Hajime*; Suzuki, Takashi

本研究では、チャクチ海, ベーリング海において人為起源の放射性核種であるIodine-129($$^{129}$$I)の鉛直分布の観測を実施した。現在、$$^{129}$$Iの主なソースはヨーロッパの核燃料再処理施設である。2013年6月から8月の観測結果よりチャクチ海, ベーリング海における$$^{129}$$I濃度はフォールアウトレベルであった。ヨーロッパの核燃料再処理施設から海洋に放出された$$^{129}$$Iを高濃度に含んだ海水の流入は確認できなかった。また、海洋の生物生産に重要な役割を果たしているヨウ化物イオンの鉛直分布をチャクチ海, ベーリング海にて初めて観測した。観測の結果、当海域においては海底付近でヨウ化物イオンの濃度が高くなる傾向が見られた。

This study investigated the vertical distribution of Iodine-129 ($$^{129}$$I) which is mainly produced by European nuclear reprocessing plants in the Chukchi Sea and Bering Sea. $$^{129}$$I was found to be distributed almost uniformly in fallout level, and an increasing in $$^{129}$$I concentration levels caused by high $$^{129}$$I water inflow from the Atlantic Ocean was not observed. Additionally, we revealed the vertical distribution of iodide, one chemical form of iodine, from the Bering Shelf area to the Chukchi Sea for the first time. The increasing tendency of iodide near sea bottom was observed.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:58.8

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.