検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

福島第一原子力発電所事故起源の$$^{137}$$Csを対象とした第3次モデル間比較プロジェクト

Third model intercomparison project for $$^{137}$$Cs from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident

佐藤 陽祐*; 関山 剛*; Sheng, F.*; 梶野 瑞王*; Qu$'e$lo, D.*; Qu$'e$rel, A.*; 近藤 裕昭*; 寺田 宏明  ; 門脇 正尚  ; 滝川 雅之*; 森野 悠*; 打田 純也*; 五藤 大輔*; 山澤 弘実*

Sato, Yosuke*; Sekiyama, Tsuyoshi*; Sheng, F.*; Kajino, Mizuo*; Qu$'e$lo, D.*; Qu$'e$rel, A.*; Kondo, Hiroaki*; Terada, Hiroaki; Kadowaki, Masanao; Takigawa, Masayuki*; Morino, Yu*; Uchida, Junya*; Goto, Daisuke*; Yamazawa, Hiromi*

東京電力福島第一原子力発電所事故によって大気中に放出された放射性物質を対象として、世界の複数機関の数値モデルが参加したモデル間比較が過去2回行われた。本研究では、これまで3-10kmであった空間解像度を1kmに上げて第3回のモデル間比較を行い、発電所近傍で観測された高濃度イベントに対するモデルの再現性を評価した。本モデル間比較には国内外の9モデルが参加し、$$^{137}$$Csを対象とした計算を行った。実験に用いる気象場には1km解像度のNHM-LETKFによって計算された1時間間隔の出力を、放出源情報にはKatata et al.(2015)による推定結果を全モデルが用い、水平解像度は全モデルで1km相当とした。実験は2011年3月11日00UTCから3月24日00UTC間で行い、航空機観測による$$^{137}$$Csの沈着量とSuspended Particle Matter (SPM)測定器によって捕集された$$^{137}$$Csの大気濃度との比較を行いモデルの評価を行った。発表では2011年3月に観測された高濃度イベントや第2回MIPとの比較結果について示す。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.