検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

レーザー駆動中性子源を用いた核共鳴透過分析技術開発,2; データ取得システム開発

Development of a neutron resonance transmission analysis using a laser driven neutron source, 2; Development of data acquisition systems

伊藤 史哲*; Lee, J. ; 小泉 光生 ; 高橋 時音; 鈴木 敏*; 堀 順一*

Ito, Fumiaki*; Lee, J.; Koizumi, Mitsuo; Takahashi, Toon; Suzuki, Satoshi*; Hori, Junichi*

文部科学省補助金事業「核セキュリティ強化等推進事業費補助金」の下、核不拡散技術開発の一環として、レーザー駆動中性子源を用いた核共鳴透過分析(NRTA)技術開発を行っている。高強度パルス中性子源を用いたTOF測定を行う際、パルス発生時のフラッシュ,多くの中性子が一時期に来ることから、検出器(特に光電子増倍管)のベース電圧に揺らぎが生じることがあり、計数率も非常に高くなる。ベース電圧の揺らぎは、単純にパルス整形してパルス波高を計数するデータ収集システムにおいて、データ取得効率が下がる要因となる。また、計数率が高くなるほど、データ処理時間等の影響からデータ取得効率が下がる。本研究では、データ取得効率を高く保つ波形処理法を確立するため、高速波形デジタイザを用いて、ビーム照射後から波形を全て記録し、実験後に別途波形処理手法の開発を進めた。その結果を報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.