検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

ZMHの付着に温度変化が及ぼす影響

Effect of temperature change on ZMH encrustation

諏江 霞純*; 平沢 泉*; 宮崎 康典 ; 竹内 正行 

Sue, Kasumi*; Hirasawa, Izumi*; Miyazaki, Yasunori; Takeuchi, Masayuki

再処理プロセスにおける課題の1つとして、不溶解性残渣の付着による定期的なプラントの内部洗浄やそれによって発生する廃液の処理が挙げられる。本研究では、不溶解性残渣の代表であるZMHに注目し、その付着メカニズムを解明するため、温度条件による析出物の挙動調査を行った。50$$^{circ}$$Cから100$$^{circ}$$Cまでの液温で得られた析出物はそれぞれ構造が異なり、攪拌時間に応じた構造が変化した。これは、析出物の構造制御によって、ZMHの付着抑制が可能であることを示唆している。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.