検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

原子炉建屋内エアロゾル粒子挙動評価手法に関する研究,3; CFD解析による粒子挙動評価及び流量・粒径の影響

Study on evaluation method for aerosol particle behavior in a reactor building, 3; Evaluation of aerosol particle behavior based on CFD simulation, and effect of gas flow rate and particle diameter

堀口 直樹  ; 中村 康一*; 関口 昂臣*; 上澤 伸一郎 ; 氷見 正司*; 吉田 啓之 ; 西村 聡*

Horiguchi, Naoki; Nakamura, Koichi*; Sekiguchi, Takashige*; Uesawa, Shinichiro; Himi, Masashi*; Yoshida, Hiroyuki; Nishimura, Satoshi*

原子力施設の安全性向上や適切の対策の検討のためには、シビアアクシデント(以下、SA)における原子炉建屋(以下、建屋)による放射性エアロゾル粒子の捕集効果を評価する必要がある。原子力機構ではCFD解析コードを用いた建屋内粒子挙動評価手法を開発しており、捕集効果評価に用いられるSA解析コードへの参照解提供を目指しているが、これに必要なベンチマーク問題はない。本報では、SA解析コードの解析結果(第1,2報)から設定したベンチマーク問題と、CFD解析コードを用いた評価結果について報告する。解析対象は、福島第一発電所事故でエアロゾル粒子の捕集が見られ、かつ簡素な構造でコード間の比較が容易な2号機建屋のオペレーティングフロアを模擬した大空間とした。流量5$$sim$$1000L/min、粒径0.1$$sim$$10micro mの条件でCFD解析した結果、大粒径かつ小流量ほど大空間から流出する粒子数の割合が少ないことを確認した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.